はまり部ログ

あらゆることに、熱しやすく、はまりやすい、編集長MORISAEによるブログ

映画『信長協奏曲』を観た感想(※ネタバレあり)

先日、映画『信長協奏曲』を観ました。


ドラマも原作も観ておらず、いきなり映画を観ました。キャストも豪華だし、楽しそうだなーくらいの感覚だったんですが、想像以上に面白かったです。感想を含めて、感じたことを書いていきたいと思います。

簡単に、要約。戦国時代にタイムスリップした高校生サブロー(小栗旬さん)は、たまたま同じ顔をした織田信長(もちろんこちらも小栗旬さん)と出会い、サブローが信長として生きていくことになる。歴史に疎いサブローは、気づかぬうちに歴史通りのことを成し遂げ、安土城を築き上げ、天下統一まであと一歩。そんなとき、あるきっかけで歴史の教科書を手にし、自分(信長)が死ぬ運命であることを知る。

生き抜くことを決意するサブロー、歴史を変えることができるのか!?はたまた変わらないのか!!??

という内容です。ドラマを観ていなくても、なんとなく状況は把握できました。小栗旬さん演じるサブローは、愛されキャラ。高校生だからか、少し軽いんだけどいい奴で、太陽のような存在です。織田家の家臣、池田恒興(向井理さん)・前田利家(藤ヶ谷太輔さん)・柴田勝家(高嶋政宏さん)らにも、しっかり慕われています。妻・帰蝶(柴崎コウさん)ともいい感じで、ツンデレな帰蝶さんを手懐けている感じ。こういう雰囲気、たまらなく好きでした。いいですね。天下統一に向けて、みんなで力合わせるぞー!!というときに、やってくる反逆者。

本物の織田信長は明智光秀となり、ニセモノ信長であるサブローを妬みます。家臣も奥様も、本物の自分を差し置いて、ニセモノがうまくいっちゃってるものだから、悔しくなっちゃったんですね。織田信長であることから逃げちゃった人が、よくもまあそんなこと言えますね、という感じですが、サブローから本物の信長を取り戻そうと企みます。そこに協力したフリしてつけ込むのが、羽柴秀吉(山田孝之さん)。彼は百姓出なんですが、ここまで登りつめます。それは、憎っくき信長に復讐するため。秀吉は、小さいころ住んでいた村を若き信長に燃やされ家族を失ってしまった、という悲しい過去を持っています。やはり最後は小栗旬VS山田孝之なんですね。どんな演技を見せてくれるんだ!!とワクワクが加速。

戦況激しくなった中で、運命に立ち向かい生きる希望を持った信長が帰蝶と結婚式を挙げるために選んだ場所が”本能寺”…!!!

歴史では、本能寺で家臣の明智光秀に織田信長は殺される。
はたしてどのような結末に!!?

 

 

 


以下ネタバレ。


はて両方、同じ顔の小栗旬さんです。
ここをうまく使って、歴史通りにしました。本能寺で敗れたのは、まさに本物の織田信長。秀吉(山田孝之さん)によって殺されます。生き残ったのはサブロー。このときに生き残ったサブローのことを明智光秀であるとし、反逆者として秀吉はサブローを捕らえ処刑しました。

なるほど!
劇中でサブローが言っていたけど「歴史は変えられなかった」んですね。それにしてもサブロー、どんなに歴史に疎くとも本能寺の変くらいは覚えておこうよ、そう思った瞬間でした(笑)でも、サブローが結婚式を挙げる話をして、「おーいいねー!!!」と視聴者も気分が舞い上がってからの

「本能寺で」

といったサブローに衝撃。ほんと衝撃。「ねえ、そこで狙われちゃうよ、サブロー!!!」と心の中で思いました。それだけ本能寺の変って有名なんですね。歴史知らなくても、たいていの人は知ってますよね、ほんとあのシーンよかった。

そして本能寺にて秀吉は、信長に復讐を果たしました。信長は愛する人(帰蝶)に知られることなく息を引き取りました。切ない。そして秀吉も、複雑な思いを感じていた気がしました。山田孝之さんの表情は、復讐を果たしたことで気分は晴れなかった、なにも救われなかった、そんな気持ちが感じ取れました。今までそのときのことを思ってどんなことでもやってきたのに、復讐に意味はあったのでしょうか。失った家族は帰ってきません。戦というのは本当に悲しいものだと、改めて思いました。

サブローは劇中で、恒ちゃん(向井理さん)にこう言いました。

「いつか戦のない平和な世の中がやってくる。必ずやってくる。」と

この時代に生きた人は、そんなこと考えられなかったことでしょう。
今、まさに私が生きている時代の日本は、本当に平和です。過去の時代の人が精一杯生きたおかげで、こうした日常があると思うと考え深いし感謝しなくてはいけない、と思いました。そして未来に残していかなくてはいけないですね。

私、個人的に戦国時代の話ってすきなのです。家臣が殿のために頑張る姿とかジーンとくるし、命をかけてでも守ろうとするものがあるって、かっこいいなあと思います。そしてどんな時代にもいる嫌な奴。陰謀が渦巻く感じ、よく考えるなーと。あと殺陣が単純に好き。かっこいい、習いたい。

機会があればドラマも見たいなーと思います!月9だったのですね、知らなかった!藤木直人さんも出てるようなので(好き)、興味湧いてきました〜

ただ終わり方。
その動画は何で撮ったんでしょうか?スマートフォンだと思うんですが、どのように充電したのかが気になってしまいました…電池を持っていて持ち運びの充電器があったんでしょうか。電池は大事にとっておいたんでしょうか…そもそも持ち物の中に充電器があったか確認ができませんでした…納得がいきたいから、あったのかどうかちゃんと確かめたいです。

私としての望む終わり方。
もう少しアナログな感じがよかったですね。数年後に、ふとしたタイミングで歴史博物館に行って、帰蝶からの手紙があるとか。または指輪が残っている、とか。視聴者とサブローにだけはわかるから、そんな感じがよかったなあ、なんて思います。

ただ。
笑いあり、涙あり、アクションありで、とても良い時間を過ごせました!

おしまい