読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はまり部ログ

あらゆることに、熱しやすく、はまりやすい、編集長MORISAEによるブログ

高尾山でハイキングからのビアガーデン!自然に癒され、体を動かし、染み渡るビールで大満足!

旅行・お出かけ

皆さま、3連休はどのように過ごしましたか?

私は高尾山で自然に癒されてきました。去年もこの季節に登ったのですが、とても気持ちがよく癒されたので、今年も行ってみました!

行きは6号路で自然を感じながら…

高尾山では初心者向けのコースからちょっときつい登山コースまで9コースあります。

takaozanyuho.com

今回は、6号路を選びました。沢のせせらぎを聞きながら、自然いっぱいの中を歩いていくコースです。

f:id:morisae:20160719143736j:image

道は作られていますが、コンクリートなどの舗装はされておらず、土や石、木の根っこを踏みしめながら進んでいきます。少し急な道があったり、なだらかな道もあったり、初心者だけど登山を感じたい人にとっては最高なコースです。
途中には飛び石があり、楽しみながら山頂まで登ることができます。
 
f:id:morisae:20160719143748j:image
 
疲れたら少し足を止め、周りの音に集中し、鳥の鳴き声や自然で生きるものを感じながら、また一歩一歩大地を進んでいく。体からは汗が出ていき、日頃の疲れやストレスが浄化していくようなそんな気持ちになりました。
 
ただ最後の最後にやってくる、この階段がツライ!!
 
f:id:morisae:20160719143804j:image
 
今までの道は坂を登っていく感覚だったのが、最後になると段を登っていくことになるので足の疲労感が途端にドーーーンとやってきます。
 
ただこの辺りになると、別ルートの合流地点であることもあり人が徐々に増えてくる気がしました。そんな中、ツラそうにしている人がいると、みんなで声を掛け合って進んでいきます。「頑張って、あと少し!」なんて常連さんが声をかけてくれたりして、活力が湧いてきます。
 
そしてついに山頂に到着!!
 

f:id:morisae:20160719151735j:plain

http://takaozanyuho.com/spot/257.html

素晴らしい景色ですね。(公式HPの写真をお借りしています)私が行った日はすこし曇っていたので、薄い霧に覆われていましたが山が多く見えました。東京から1時間半程度の場所で、ここまで自然を感じられるのは最高です。天気がいいと富士山も見えるようです。

f:id:morisae:20160719152034j:plain

http://takaozanyuho.com/spot/257.html

帰りは1号路で観光を楽しみながら…

頂上から1号路で高尾山の中腹、ケーブルカー乗り場である『高尾山駅』まで向かいました。一号路は、最も登山者が多いコースなので道はしっかりとコンクリートで舗装されています。疲れた体でも、安心して下山できます!さらに浄心門や薬王院、たこ杉やさる園など観光スポットが詰まっているので、楽しめるコースです。

takaozanyuho.com

パワースポットも多くありますので、寄り道をして楽しんじゃいましょう!

 

〆は都心を一望しながらビアガーデンで食べ飲み放題!

www.takaotozan.co.jp

6月中旬から10月中旬にかけて開催される『高尾山ビアマウント』!

このために登山をしたといっても過言ではありません。料理とドリンクが食べ飲み放題です。予約せず、当日の入場はできますが、混んでいると待つこともあるようです。ただ会場は600席ほどあり、広いので安心してください!私は20分ほど待ち、中に入ることができました。

ビアガーデンって、外で飲む気持ち良さがたまらないんですよね。「夏が来た!!!!」という気になります。夏大好き人間としては、たまりません。汗を流した数だけ、ビールがおいしいものです。(※お酒は20歳になってから!)ご飯もおいしかった。水餃子とペスカトーレがオススメです。そして八王子ラーメンが人気です、ぜひ〆にどうぞ!

tabelog.com

 

まとめ

都心に住んでいると自然と触れ合うことがありません。ビルに囲まれ、時間に追われ、せっせと働く毎日に疲れたら、ぜひ高尾山に訪れてみてはいかがでしょうか?

自然に囲まれて、とても癒されました。ツラくて険しい道もあれば、なだらかな道もあって、「しんどーーーー」って思うこともあれば、ご褒美が待っていて幸せな気分になったり、なんだか人生のようでした。楽な道へと進みそうになってしまうこともあるけど、これからも常に挑戦していこう。そうおもった一日でした。高尾山、ありがとう。

 

おしまいっ

 

るるぶ高尾山 (国内シリーズ)

るるぶ高尾山 (国内シリーズ)