読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はまり部ログ

あらゆることに、熱しやすく、はまりやすい、編集長MORISAEによるブログ

6歳の時に出会って20年。一般ピーポーがSMAPとの想い出を語る。

愛を込めて…

 

2016年12月26日(月)、20年続いた番組『SMAP×SMAP』が最終回を迎えました。今年いっぱいで解散するSMAP。実質、5人がSMAPとして揃っている姿を見られる最後の日でした。最初から最後まで涙いっぱいで見ました。私は、SMAPにたくさんの想い出があります。今日は、想い出を振り返ってみたいと思います。

 

SMAPとの想い出


f:id:morisae:20161227213240j:image

出会いは1995年。

私の母はSMAPの大ファンでした。当時6歳だった私は、母に連れられてSMAPのコンサートに行きました。それが私のコンサートデビュー。

上の写真がチケットです。母が大事に取っておいてくれていました。ほんの少しですが、私は当時のことを覚えています。まずは横浜アリーナのグッズ売り場で母とグッズを購入したこと。当時はペンライトがメンバーの色別に別れていて、母に何色にするか聞かれ、私は香取慎吾さんの緑色を選びました。そして、コンサートが始まると会場がキラキラしていて、大きな音でびっくりしたこと。それでも、レーザービームが豪華で子供ながらに、すごいなーって思っていたこと。そして、近くにいたお姉さん二人組に「誰が好きなのー?」って聞かれて、緑色のペンライトを見せて「慎吾ちゃんなんだーー!かわいいー!」って言われて嬉しかったこと。「見えないでしょ?椅の上に立っていいよ」って言ってくれたこと。お姉さん優しいなあって思った記憶がある。

それからは母の影響で、何気なく一緒にSMAPを応援しテイクことになるのです。


f:id:morisae:20161227214419j:image

そして、次に覚えているのがこの中居正広さん主演のドラマ『味いちもんめ』です。これも1995年なので、コンサートと同年ですね。なぜ印象に残ってるかというと、我が家のトップ5に残る出来事がありました。それは、我が家に中居正広さんが来た!ということ。具体的に言うと、ドラマの撮影で家の前の公園に来ていて、床屋である我が家はヘアメイクをする場所として提供した、という経緯。中居くんの大ファンだった母は、2ショットの写真をとっていただいたのです。ジャニーズは写真を撮らないと言われていたけど、快く撮ってくれたそうです。残念ながら私は家にいなかったので、中居くんに会うことはできませんでしたが…笑

そう、当時保育園に通っていた私。母が大興奮で迎えに来て、第一声が「中居くんが家に来たのーーーーー!!!!!」だったのをよーーく覚えています。子供ながらに母が興奮している様子を見て、ただ事ではないと悟りました。今でも実家のリビングに飾られています。家宝です。子供ながらにSMAPは特別だと気づいた瞬間です。

そこからも引き続きSMAPを応援しています。スマオタではありませんが、本当に純粋な、いちファンという感じです。


f:id:morisae:20161227223449j:image

年月は経ちますが、2005年日産スタジアムでのコンサート『SMAPとイッちゃった』が印象的です。なぜなら個人的な想い出があるからです。私は高校1年生で、母に連れられてコンサートに行きました。当時大好きな彼氏がいて、浮き足立っていた私は、コンサート中もメールが気になって、チェックしていました。すると、コンサート真っ只中に「別れよう」の文字。愕然としました。一気に青ざめて、頭のなか放心状態で、初めてコンサート中に席に座りました。母が「どうしたの?」と気にかけてくれて、でも「(遠くて)見えないから」とか言って、誤魔化して、座りながら泣きました。それからコンサートの記憶はありません。本当に大好きだったからショックでショックで。

 
f:id:morisae:20161227225826j:image

それでも立ち上がれたのはSMAPのおかげでした。彼氏にフラれて、失恋して、つらくてしんどくて、ずっと泣いていた私が、見たのはSMAPのコンサートDVDでした。そこで『オリジナルスマイル』という曲に元気づけられました。

笑顔だきしめ

悲しみすべて 街の中から 消してしまえ

晴れ渡る空 昇っていこうよ

世界中がしあわせになれ

一人で、DVDを見ながら、笑いながら号泣しました。嫌なことがあっても、つらいことがあっても、笑っていれば乗り越えられると、この時教えてもらいました。私は誰に言われたわけでもなく、SMAPのおかげで気付かせてもらったのです。その時にふっ切れたのを覚えています。

 

それから、私と母は自然と嵐に坦降りしていくわけですが…先日のSMAP×SMAPの最終回を見て、私にとって私と母にとって、SMAPは特別だと思わざるを得ませんでした。

だって、長い時間ずーーーっとそばにいてくれたから。私が子供から大人になる時間を一緒に過ごしてきたから、やっぱり想い出が詰まっていて。私がちっちゃくて、なにもできなかった頃から、今こうして一人でも生きていける立派な大人になって、20年という時間はかけがえのない時間だったから。本当に本当にありがとう。

今の私があるのも、SMAPがいたからで、心から感謝しています。どうしても、今になっても解散が悲しいという想いは消えないけど、今まで一緒に過ごした時間は忘れられないほど大切なものだから、ありがとうと伝えたいです。感謝しかないです。きっと伝えきれないし、伝わることはないと思うけど、本当に本当にありがとうございました。

またいつか…

 

おしまい